リンベル カタログギフト 割引サーチ

リンベルの割引は希少情報です

枝雀の「牛の丸薬」

土でこしらえた大和ごたつが雨に濡れてグズグズになってしまった。それを指で丸めて丸薬状のものをたくさんこしらえた男、仲間の者と二人でこの丸薬を売ろうと近郊の農村へ出かける。
途中、村の外れの茶店で情報を仕入れた二人は、昔出入りしていた商人になりすまし、村一番の金持ちの家に入り込む。そこですきを見て、飼い牛の鼻へコショウの粉を吹き入れる。苦しみだした牛を見て、「これは最近流行りの病気で、助けるにはこの丸薬しかない」といって丸薬をのませるふりをして水で牛の鼻を洗ってやると・・・。
枝雀さんの「牛の丸薬」のあらすじの前半でした。

Category: 未分類

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*